生命保険の注意点

生命保険金や給付金を受け取る際は、原則として課税の対象になります。また、保険内容や契約者様と受取人の関係によって、課税の対象になるかどうか違ってきます。もし、契契約者様と被保険者が同じの場合を考えていきましょう。同一者の場合は、被保険者が死亡したときに発生する特約遺族年金は、受取人の方に相続税法上の評価額により、相続税の対象になります。これを防ぐためには、生命保険の受取人を配偶者に変更し、相続税の対象から外れましょう。

次に、家庭の負担を軽減するために生命保険を解約するときも注意が必要です。実は、解約返還金というものがかかり、余計な出費が増えることがあります。保険期間の経過年月により金額は変わりますが、解約返還金は、お振込保険料合計額よりも少ない金額を支払うことになります。さらに、更新日の保険料率によって改めて算出されることが多いので、解約する場合は、更新日の2ヶ月前までに相談しましょう。

そして、生命保険のしくみや特徴で分からない言葉が出てきた場合は、疑問を持ったままにせず、プロの方に相談し、一つ一つ頭に入れることをおすすめします。つまり、生命保険の見直しを考えているご夫婦は、保障内容の確認とともに、保障額や期間、追加すべき特約などを総合的に考えて、ライフスタイルに合うプランに変更しましょう。

生命保険の変更内容

まず、生命保険を見直したい方は、現在の保障内容が書かれた保障契約書を手元に出してみましょう。もし、ご両親が昔契約した内容のまま、自分たちが結婚したあともご契約内容を変更していない場合は、見直しが必要です。例えば、5年ごと利息配当付更新型終身移行保険のままの方はいらっしゃいますか?保障額が高いまま、払い続けているなら現在の家族構成に合わせたプランに変更しましょう。例えば、利息がつかない「5年ごと配当付終身保険」に変更し、保障額を50万ほどに抑えられます。次々の終身保険にかかる保険料も軽減でき、家庭の負担が減ります。

次に、女性の皆様は、結婚後に医療や介護に備えた保障内容を追加していますか。もし、お子様が小さいうちに、女性特有の病気にかかった時の保障を入っていなければ、追加が必要です。脳卒中や急性心筋梗塞、ガンなどの三大疾病にかかった時の手術や入院に使える保障や、不慮の事故により身体障害状態になった場合の保障もあります。それぞれ、保険金や年金等の払い込み免除の対象になる為、家庭の負担が減ります。また、一時金が入り、入院費や手術費に回すことができるので保険のプロに相談し、家庭全体の生命保険内容を変更しましょう

参考サイト-生命保険の見直し相談〔保険ゲート〕